学校案内/About SLS

学校名
Name of School
■仙台ランゲージスクール日本語科
Sendai Language School Japanese Course
日本国法務省告示校/全国日本語学校連合会(JaLSA)理事校
・Authorized by the announcement by the Ministry of Justice
・Director School of Japanese Language School Association (JaLSA)
■仙台ランゲージスクール外国語科
Sendai Language School Foreign Language Course
語学学校協同組合(経済産業省管轄)理事校
・Director School of Association of Foreign Language Schools
(supervised by the Ministry of Economy, Trade and Industry)
■仙台ランゲージスクール日本語教師養成講座
Sendai Language School Japanese Teacher Training
文化庁届出受理校(届出受理番号H29040704001)
・Recognized Program by the Agency for Cultural Affairs under MEXT, Japanese Government (H29040704001)
設置者名
Establisher
株式会社SLS
SLS Co., Ltd.
設置代表者名
Name of Representative
安東 光昭
Mitsuaki ANTO
創立年
Year Established
1988年

仙台ランゲージスクールからのメッセージ/Message from Sendai Language School

花瓶

当校が「チャレンジ200」をスローガンに掲げ、世界の国々200カ国から留学生を受け入れようと意気込んでいた矢先、東日本大震災が発生致しました。福島第一原子力発電所の事故等の影響は大きく、当時18カ国から180人程いた留学生の多くが仙台を離れるという残念な結果を招いてしまいました。その後、時が過ぎ、地道な努力の甲斐もあり、また皆様の御理解ご協力のおかげで、ようやくまた元のような活気が当校にも戻って参りました。

今、世界における日本の立場を見据えますと、国難とも言うべき問題が山積しており、隣接する国々や広く世界の国々と仲良くやっていかなければならない局面に来ております。そのような中、当校の日常に目を移しますと、それぞれ出身国も主義主張も異なる国々の若者が、仲良く語り合っている姿が繰り広げられています。日本語教育の醍醐味を覚え、ますますこの仕事への情熱が涌いてくる瞬間です。

外国語科では、従来の「会話」重視のレッスンに加え、資格試験などを目指す、より専門性の高い授業を目指しております。若年層の方から、社会人、シニア世代の方までも安心して学んでいただけるような教室作りを目指して参りたいと存じます。また、日本語教師養成講座では、いち早く教壇で活躍して頂けるような、実践重視の講座を展開しており、修了生が国内外で広く活躍しております。

2018年に創立30周年を迎え、語学学校業界の中でも責任のある位置づけを担うようになった本校は、ささやかではありますが世界の中の日本、日本からとらえる世界観、このような日本の立ち位置の中での日本語教育および外国語教育を通じ、外国との友好関係の育成を目指して、世界に貢献して参りたいと存じます。



Our school had adopted the slogan of “Challenge 200,” which symbolizes our goal of bringing together students from 200 different countries, when the Great East Japan Earthquake occurred. The effects of the quake, tsunami, and disaster at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant were severe, and as an unfortunate result, a large portion of our 180 students from 18 countries had to flee Sendai. With the passage of time, and as a result of tireless efforts and assistance, we have finally recovered, and our school is as active and lively as ever.

When one considers Japan’s place in the world, where we are dealing with a variety of crises, it is clear that now is a time when we must come together in peace with countries and people both near and far. To this end, a look at our school reveals a scene of young people from a variety of different countries and cultural backgrounds, all coming together in harmony. It is this sight that provides constant motivation for us as educators, and is the real joy of language education.

We strive to conduct highly-specialized courses, which combine traditional conversation-based lessons with goal-oriented activities such as tests for qualifications. Our mission is to create an environment where all people can study, from young students to working adults to senior citizens. Additionally, with our Japanese instructor training course, we seek to train educators in a way that will allow them to quickly apply their skills both within Japan and abroad.

As our school reached its 30th year in 2018, our simple goal is to utilize Japan’s unique position in the world, and through Japanese and foreign language education, to help cultivate friendly relations with other countries and contribute to the world.

教育ネットワーク/Educational Network

【企業ネットワーク】
TSWホールディングス
 (株)ウェルフェア・ジャパン
 (株)テコエコロジージャパン
 (株)ウェルフェアジャパン
 (株)エンプロイサポート仙台

【所属団体等】
全国日本語学校連合会(JaLSA)
語学学校協同組合(AFLS)
宮城日本香港協会
宮城県日越交流協会
東北日本カナダ協会

東京日英学院

ページ上部へ